頭皮環境を変えることが重要

夏になると頭皮が乾燥する人、結構いるんですよ。

 

普通乾燥するのは冬で、夏は頭皮がべたつくと思っている人が多いと思いますが、皆がそうという訳ではないのです。例えばエアコン。オフィスビルに勤務している人は、エアコンの風がもろに当たって頭皮が乾燥します。

 

 

又頭皮がべたつくと思い込んで脱脂力の強いシャンプーを使い、その結果必要な皮脂まで取り除いてしまって皮脂の過剰分泌を招いてしまうのです。

 

 

どちらも放置してしまうと痒みや炎症が酷くなり、皮膚科通いを余儀なくされる可能性があります。
こんな状態に陥らない為に、普段からシャンプーには気を使いたいですね。

 

 

実際私も夏の乾燥に悩み、シャンプーをアミノ酸系にチェンジしたばかりです。頭皮の状態は上々で、乾燥してつっぱる感じや痒みもありません。但し、最初の使い心地には驚きました。

 

 

とにかく仕上がりがしっとりし過ぎて、今までドラッグストアのシャンプーを使っていた私はあの爽快感が忘れられず、戻りたい衝動が何度も起こりました。寒い冬なら我慢できるかもしれませんが、夏ならではの頭皮の爽快感を味わえないなんて残酷です。

 

 

でもここで断念したら、アルカリ性に傾いた頭皮を弱酸性に戻す事は永遠に訪れない気がしました。

 

頑張って何度かアミノ酸系シャンプーで洗髪し、いつの間にか洗い上がりのふんわり良い感じが病みつきになりました。昔の爽快感もまた味わいたい気もしますが、頭皮にも地球にも優しいアミノ酸系シャンプーを使い続けると思います。

 

 

シャンプーの仕方やすすぎもポイントで、マッサージする様に洗い決して爪を立てない事、すすぎはしっかり丁寧に、洗い終わった髪の毛をそのまま自然乾燥させず、ドライヤーできちんと乾かす事。これらをきちんと守って健やかな頭皮を目指します。