私のお勧めはこの方法

ムダ毛の自己処理方法の1つに、脱色という方法があります。市販で脱色クリームが売っていますので、私自身実際に購入して使った事が何度かあります。1液と2液があり、説明書通り混ぜると嫌〜な匂いがしてきます。

 

 

我慢して脱色したい箇所に塗り(私の場合は腕に塗りました)、規定時間の間放置します。

 

 

少々ピリピリして肌が痛くなってくるので、必ず事前にパッチテストする事が必要です。時間が経ったらシャワーで流し、低刺激な化粧水などで肌を鎮静化させます。肌とムダ毛が濡れている間は脱色した感じが目で確認できず、不安になる事もあります。

 

 

しかしお風呂から上がって肌とムダ毛が乾くと、脱色されて黄金に輝く毛が確認できるでしょう。元々ムダ毛が少なくて脱毛するまでもないけど気になる・・という人や、男性がスネ毛を脱色するケースもあります。

 

 

日本人の黄色い肌に対し黒い毛は悲しい位目立ちますから、脱色した方が目立たないのは確かです。しかし、光に透けると長い産毛の様なムダ毛がふわふわ〜と生え揃っているのは、何ともインパクトがあります。

 

 

私の場合、半袖で脱色した黄金色の毛をさらけ出していました。すると友達に「余計目立つし不自然!」と言われてしまいました。ムダ毛には毛周期があり、いつまでも今お目見えしている毛が果て続ける事はありません。

 

 

なので脱色したムダ毛もいつの間にか抜け落ち、代わりに新しい毛が生えてきます。1週間位経ってから黒いムダ毛が仲間入りしてきて、いつの間にかごま塩状態です。こうなるとますます恥ずかしくなり、結局肌をさらけ出す事が出来ません。

 

 

脱色クリームは1,000円以下で購入出来ますが、何度も購入すればそれなりに料金がかさみます。脱毛サロンなら肌を傷める事なく満足いく脱毛が可能ですし、価格も下がっています。肌が弱いから脱色クリームと言うのなら、もっと肌に優しいサロン脱毛の方がメリットが多いと私は思いますよ。